ソフトBドラ1甲斐野 まずは“仲間”になる「チームの輪に溶け込めるように」

[ 2018年10月27日 05:30 ]

工藤監督(左)と王会長のサインボールを手に笑顔の東洋大・甲斐野(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクにドラフト1位で指名された東洋大・甲斐野が川越市の大学施設でスカウト陣から指名あいさつを受けた。前日は「福岡には行ったことがない」としたが「中学の修学旅行でヤフオクドームを見学したことを思い出しました」と隠れた縁を告白。

 救援投手として日本を代表する投手になることを掲げる。20年東京五輪も迫るが「そこまで実力があるか分からない。まずチームの輪に溶け込めるように」と殊勝だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月27日のニュース