中日・松坂、広島の強さを語る 「上手く攻めてくる嫌らしさを感じた」

[ 2018年10月27日 19:44 ]

SMBC日本シリーズ第1戦   広島―ソフトバンク ( 2018年10月27日    マツダ )

TVのゲスト出演する松坂大輔(撮影・中村 達也)
Photo By スポニチ

 中日の松坂大輔投手(38)が27日の日本シリーズ第1戦(マツダ)でテレビのゲスト解説として出演し、今シーズンの広島の強さについて語った。

 松坂は今シーズンの広島の強さについて「シーズン通してセーフティリードを感じさせないというか自分のチームが勝っていても上手く攻めてくる嫌らしさを感じました」と話した上で「僕は投げてないんですけど、ベンチから見ていてもそれを感じましたね」を話した。

 松坂と共に解説を務める前田智徳氏(47)から「(セ・リーグで)中日は唯一、広島に勝ち越していますね」と言われると、松坂は「チームとして自信にしてほしいですね」とこれからのチームに向けてコメントを残した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月27日のニュース