慶大先勝 左腕・高橋佑、“雲の上の存在”ロッテ3位小島に投げ勝ち3連覇に王手

[ 2018年10月27日 17:13 ]

東京六大学野球秋季リーグ戦最終週1回戦   慶大3―1早大 ( 2018年10月27日    神宮 )

<早大・慶大>完投勝ちの慶大・高橋佑(右)はナインとハイタッチをかわす (撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 慶大が早大を下し、リーグ3連覇に王手をかけた。

 左腕・高橋佑樹投手(3年=川越東)が8安打1失点完投。8回まで無失点と打たせてとる投球で通算10勝目とし「勝てて良かった。勝てばなんでもいいです」と安どの表情を見せた。

 早大のエースでロッテにドラフト3位で指名された小島和哉投手(4年=浦和学院)にも投げ勝った。川越東1年夏、浦和学院と対戦。自身は救援で登板したが、16―1で敗れた。「ツーベース打たれて、自分は三振してボコボコにされた」。雲の上の存在という左腕との投げ合いを制し「自信を持ちたいけど小島さんのように圧倒できる投手ではない。まだまだです。オレができるとは思わないように」と謙虚に振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月27日のニュース