ロッテ“名物”ドラフト会議の舞台裏映像が再生6万1000回超え!

[ 2018年10月27日 14:52 ]

ドラフト1位・藤原の交渉権獲得が決まり、喜びを爆発させるロッテ・下敷領担当スカウト
Photo By スポニチ

 ロッテはドラフト会議終了直後の25日、午後11時に「マリーンズ公式YouTubeチャンネル」で公開したドラフト会議舞台裏映像の再生回数が27日、午後0時に6万1000回を超えたと発表した。

 藤原恭大外野手(大阪桐蔭)の抽選が行われる際、スカウト控室での下敷領悠太担当スカウトが、抽選結果を待ち祈っている姿、抽選結果が出て喜んでいる姿などが映し出されている。ドラフト舞台裏映像は17年の安田尚憲内野手(履正社)、16年の佐々木千隼投手(桜美林大学)の抽選の際も同様に公開し、名物となっている。

 下敷領スカウトは「親戚や友達や野球関係者から『見たよ。よかったね』とメチャクチャ連絡が来ます。周囲の反響やネットなどでのファンの方のコメントからも藤原選手の期待感の高さを感じる事が出来ました。本当に嬉しいです」とコメントした。映像は以下のURLから確認できる。

 https://www.youtube.com/watch?v=wDWSfrjcCOM

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月27日のニュース