西武 “台湾の大王”王柏融調査 2年連続打率4割

[ 2018年10月27日 05:30 ]

ラミゴの王柏融
Photo By スポニチ

 西武がポスティングシステムを利用して国外球団移籍を目指す台湾・ラミゴの王柏融(ワン・ボーロン)外野手(25)の調査を進めている。

 日本でのプレーを希望する王について球団幹部は「もちろん調査はしている」と説明。入札するか否かについては「まだ決めていない」とし検討していく構えを見せた。前日のドラフト会議では投手4人、内野手2人、捕手1人と外野手の獲得はなし。2年連続で打率4割をマークした「台湾の大王」の動向を注視していく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月27日のニュース