オリドラ1太田 遊撃手でチームの顔に 長村本部長「お父さんより男前」

[ 2018年10月27日 05:30 ]

オリックス・長村本部長(右)に帽子をかぶせてもらう天理・太田(撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 オリックスにドラフト1位で指名された高校通算31本塁打を誇る天理の太田が奈良県天理市内の同校で、長村裕之球団本部長らから指名のあいさつを受け、「遊撃手としてチームの中心になりたい」と決意を語った。

 長村本部長は、球団打撃投手を務める太田の父・暁さんを引き合いに出し「お父さんより男前。チームを引っ張っていく顔つきをしている」と絶賛。近鉄などでプレーした中村良二監督は「守備は親父よりうまいし、打撃は僕よりもうまい。20本塁打は打てるし、打率3割も残せる」とエールを送った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月27日のニュース