阪神ドラ4斎藤 覚悟の単身赴任 新婚ホヤホヤ7カ月の長男いるけど…入寮希望

[ 2018年10月27日 05:30 ]

阪神に4位指名され、色紙に「即戦力」と記したHonda・斎藤
Photo By スポニチ

 阪神から4位指名を受けたHonda・斎藤友貴哉投手(23)は、既婚者であるにもかかわらず入団1年目は虎風荘への入寮を希望していることが26日、分かった。球団関係者が「幼い子どもさんがいるのに、最初は入寮を希望しているということです。トレーニングに集中したいと聞いています。見上げたものですね」と姿勢を評価した。

 今年3月に幸恵夫人と結婚したばかりで、7カ月になる長男もいる。本来ならば常に側にいたいし、いてもらいたいはず。だが、来年から晴れてプロ入りという人生の岐路を迎えるにあたり、勝負に出る。愛する家族を守るためにも、まずは目の前の野球に集中することを決意。その表れが「単身赴任希望」だ。

 阪神は入寮前の既婚者に関しては入寮免除が球団方針。近年では01年の安藤が入寮せずにプロ生活をスタートしている。一方で、14年の守屋は新婚だった夫人と離れて寮生活を選んだ。

 最速153キロを誇る社会人屈指の右腕は、まず単身でプロの世界に飛び込んで居場所を確立。その上で愛する家族を招く算段だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月27日のニュース