日本S開幕前の監督会議 両軍“快諾”2年ぶり予告先発

[ 2018年10月27日 05:30 ]

シリーズ前日に監督らが出席し会議を行う(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 日本シリーズ開幕前日の監督会議で、予告先発の採用が決まった。昨年はDeNA・ラミレス監督が「拒否」をしており、2年ぶりの実施となる。

 今季からセ・リーグもCSでの予告先発制を導入。広島・緒方監督、ソフトバンク・工藤監督とも事前に「予告先発OK」の意向をNPB側に伝え、会議ではスムーズに合意した。報道陣の前で、緒方監督は「初戦は大瀬良でいきます」と宣言。工藤監督も「千賀でいきますので、よろしくお願いします」と応じた。また、実施要項として昨年まで延長15回打ち切りだったものが12回に変更になったことなどが確認された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月27日のニュース