U23侍ジャパン 宿敵・韓国撃破 4番・内田全3打点けん引

[ 2018年10月27日 05:30 ]

第2回U―23W杯スーパーラウンド   日本3―2韓国 ( 2018年10月25日    コロンビア )

<日本・韓国>6回2死一塁、内田が左越えに2ランを放つ
Photo By 共同

 コロンビアで行われている「第2回U―23ワールドカップ」は25日(日本時間26日)、スーパーラウンドが始まり、2連覇を狙う日本は韓国を3―2で下した。同ラウンドは1次リーグの成績を一部持ち越すため、日本は3勝0敗となった。

 国際大会で何度も苦しめられた宿敵に、主将を務める4番の活躍で競り勝った。先制打に2ランで全3打点を挙げた内田(楽天)は「苦しい試合だったが、取れたのは良かった」と、ホッと息をついた。1次リーグでは打率・118。それでも、稲葉監督は「4番は内田しかいない」とハッパをかけ続けた。内田も23日の1次リーグ最終戦後に「あさってから打ちます」と指揮官に宣言し、見事に有言実行してみせた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月27日のニュース