ヤクルト 先発全員で3連敗ストップ 宮本 プロ初打点「何とか食らいつこうと」

[ 2018年8月26日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト9―7DeNA ( 2018年8月25日    神宮 )

3回 無死 満塁 中前適時打を放ちガッツポーズするヤクルト・宮本 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは先発全員12安打で9得点を奪い、連敗を3で止めた。

 4―1の3回無死満塁からは、4試合連続スタメンのドラフト6位・宮本が高いバウンドで前進守備の遊撃手の頭上を越す2点適時打。10試合目にしてうれしいプロ初打点となり「あの場面で打てたことが良かった。追い込まれても何とか食らいつこうと思った」と頬を緩めた。

 7回にも右前打で2度目のマルチ安打をマークし、本拠地で初のお立ち台にも立ち「僕じゃないと思って驚いたがよかった。少しでもチームに貢献できるように一生懸命やるだけ」と高みを見据えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月26日のニュース