PR:

輝星 壮行試合は投げさせない U18永田監督「将来がある」

練習後、肩を組んで意気込む(左から)根尾、吉田、藤原(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 第12回U18アジア選手権(9月3日開幕、宮崎)に出場するU18日本代表が25日、都内近郊で合宿を開始した。今夏通算1517球を投げた金足農の吉田輝星投手(3年)は別メニュー調整で完全ノースロー。永田裕治監督(54=報徳学園前監督)は疲労を取ることを優先させ、28日の大学日本代表との壮行試合では登板を回避させる方針を示した。

 午後2時すぎ。都内のグラウンドに到着したナインが一斉にアップを始める中、吉田は一人だけ外野を歩き始めた。トレーナーに付き添われながらウオーキング。その後、30分以上かけて入念にマッサージを受けた。柿木ら投手陣がブルペン入りする姿をじっと眺め、ボールを握ることすらなく初日を終えた。

 「今日は無理せず、疲れを取った。痛いところはない。調子は上がっているので早く野球がしたい」。そう意気込む吉田に対し、永田監督は慎重な姿勢だ。甲子園での疲労を考慮し「東京ではゆっくりさせたい」とし、28日の大学日本代表との壮行試合は登板を回避させる考えを示した。

 無理もない。甲子園では6試合で881球、秋田大会から通算1517球を投げ抜いた。大阪桐蔭との決勝では6戦連続完投を目指したが5回を投げて足に力が入らなくなり「もう投げられない」と降板。帰郷後も大フィーバーの中で息つく間もなく、前日も登校してから東京入りした。

 首脳陣は当初、吉田を主戦候補にしていたが、決勝まで投げたことで体の負担を最大限に配慮した。壮行試合は既にチケットが完売しており、指揮官は「申し訳ないけれど…」と複雑な表情を見せ「本人が練習したいと言ってきたけど、“ダメや”と。将来がある」と制したという。アジア選手権の登板については「もちろんその(登板させる)つもりだがどこでというのは状況を見ながら」と起用法は白紙の状態だ。

 最速150キロを誇る右腕は代表メンバーと同じように動きたい気持ちを抱えながら「(大会を行う)宮崎に行ってからが本番。連覇に貢献したい」と言った。じっくり体力を蓄え、勝負の時に備える。 (松井 いつき)

 ○…吉田の愛称は「ヨッシー」に決まった。代表メンバーはこの日が集合日で、都内の宿舎で一緒に昼食を食べてから球場入りした。食事中、他のメンバーから吉田に「チーム(金足農)では何て呼ばれているの?」という質問が飛び「ヨッシー」と答え、代表でもその呼び名になった。吉田は決勝で戦った根尾と藤原について「打たれたので抵抗があったが話したら良い人だった。根尾、恭大(きょうた)と呼んでいます」と笑顔で話した。

 ○…甲子園で史上初の2度目の春夏連覇を達成した大阪桐蔭からは最多の5人がメンバー入りし、中川が主将に指名された。今秋ドラフト1位候補の根尾は同じく1位候補の小園(報徳学園)とシートノックで遊撃を守ったが「投手もやる準備をして臨みたい」。自主的に外野用グラブも持参したことを明かし「三刀流」でフル回転することを誓った。2年連続代表入りの藤原は外国勢のけん制を警戒。「あれはボーク。日本と全然違うのでそこは経験を生かせれば」と話した

[ 2018年8月26日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月22日01時〜02時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム