DeNA 筒香2発も及ばず 2年ぶりの大台30号「勝たないと意味がない」

[ 2018年8月26日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA7―9ヤクルト ( 2018年8月25日    神宮 )

9回 無死 ソロ本塁打を放つDeNA・筒香 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 DeNA・筒香の2発も空砲に終わった。

 4回に29号ソロ。3点を追う9回には2年ぶりの大台となる30号ソロを放った。いずれも初球の直球を捉え、ここ4戦5発。通算でも168本とし、球団ではローズの167本を抜いて5位となった。それでも連勝が3で止まったチームの敗戦に「(個人の)数字よりも勝たないと意味がない」と何度も繰り返した。マルチ本塁打23度は村田修一(現BCリーグ・栃木)に並んで球団2位。「偉大な先輩に並べたのはうれしい」としながら最後まで厳しい表情を崩さなかった。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月26日のニュース