オリックス 山本 史上最年少30ホールド「一つ一つ、積み重ねていくだけ」

[ 2018年8月26日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス5―6ロッテ ( 2018年8月25日    ZOZOマリン )

5番手で登板する山本(撮影・沢田 明徳)
Photo By スポニチ

 高卒2年目のオリックス・山本が、プロ野球史上最年少記録となる20歳で30ホールドに到達した。

 5―5の8回に5番手で登板。味方の失策で1死二塁のピンチを背負ったが、1回を無失点に封じ「野手のミスを消してやろうと思っていた」。しかし、守護神・増井の乱調でチームはサヨナラ敗戦。借金は7に膨らみ、4位・ロッテとは1.5ゲーム差と離されただけに、山本は「一つ一つ、積み重ねていくだけです」と表情を引き締めた。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月26日のニュース