専門学校出身の選手が今秋育成ドラフト対象 NPB理事会で報告

[ 2018年8月7日 05:30 ]

 日本野球機構(NPB)の理事会、実行委員会が6日、都内で行われ、今秋から専門学校出身の選手を育成ドラフトの対象に広げることで日本野球連盟(JABA)と合意したことが報告された。

 「これまでも例は多くなかったが、その都度確認をしていた。それをルールで決めよう、ということ」と井原敦事務局長。また、20年東京五輪期間中のプロ野球の中断期間についても協議。球宴は開催する方向で検討しており、年内に日程を固める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月7日のニュース