北照・岡崎がけいれん 沖学園ナインが“救助”「思わず体が動いた」

[ 2018年8月7日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念大会第2日・1回戦   沖学園4―2北照 ( 2018年8月6日    甲子園 )

北照の左翼手・岡崎は吉村の打球を追い立てなくなり両チームの選手が集まる(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 北照・岡崎が左翼で倒れると、沖学園の三塁コーチャー、上園がコールドスプレーを持って駆けつけ、ベンチから背番号13の高原が飲料を運び、観客席から拍手が起こった。

 自然災害に対応できる人材育成のため、沖学園には被災地でのボランティア活動を行うレスキュー部がある。上園は「思わず体が動いた」。高原は「暑くて大変なのはお互いさま」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月7日のニュース