広島・ジョンソン 勝率トップの安定感でけん引「チームの勝ちに貢献している」

[ 2018年8月7日 21:44 ]

セ・リーグ   広島6―2中日 ( 2018年8月7日    マツダ )

ファンとタッチを交わすジョンソン(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 広島の先発ジョンソンは、中日打線を7回2失点に抑え9勝目をマーク。「非常によかった。攻撃陣のサポート、守備陣のサポート、チームで勝ち取った勝ち星だと思う」とまずはチームメイトへの感謝を口にした。

 捕手・石原とのコンビネーションもよく、この日の四球は1つと抜群の安定感を見せた。「石原がバッターの様子を見ながらいろんなところで組み立てをしてくれて、今日もいい感じでゲームが終われたんでよかった」と、頼りになる女房役に全幅の信頼を寄せていた。

 自身の勝率は・820となりセ・リーグの首位を堅持。今季12勝の大瀬良と共に投手陣を引っ張っている。「チームが非常にいい形で野球をやってるので、自分もしっかりと投げてチームの勝ちに貢献しているってことだと思う」と、この結果に満足といった様子。広島はセ・リーグの貯金をひとり占めする独走状態ということもあり「シーズンの終わりに優勝してみんなと祝いたい」と語った。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年8月7日のニュース