巨人・内海 5回途中6失点KO 前回4年ぶり完封も…

[ 2018年8月7日 19:40 ]

セ・リーグ   巨人―阪神 ( 2018年8月7日    東京D )

<巨・神>5回途中6失点で降板した内海(撮影・岩崎 哲也)
Photo By スポニチ

 巨人の内海哲也投手(36)が5回途中6失点で降板した。

 初回、ロサリオに満塁本塁打を被弾。2点差に追い上げた5回には1死から2番・北條、3番・福留、4番・糸井に3者連続二塁打を許し、2点を失ったところで降板となった。

 内海は前回7月31日のDeNA戦(横浜)で自身4年ぶりとなる完封勝利を飾ったものの、期待に応えられなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月7日のニュース