ソフトバンク3位浮上 松田宣が決勝打!ロッテは4位転落

[ 2018年8月7日 22:31 ]

パ・リーグ   ソフトバンク3-2ロッテ ( 2018年8月7日    ZOZOマリン )

<ロ・ソ>7回2死一、二塁、勝ち越しとなる左前適時安打を打つ松田宣(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが連敗を2で止めて3位に浮上した。

 0―2の3回にデスパイネの23号2ランで追いつき、7回2死一、二塁から松田宣の左前打で勝ち越した。敗れれば自力優勝消滅の可能性もあったが、踏みとどまった。

 2カ月半ぶり先発のソフトバンク・東浜は4回2失点。2番手で5回から3回を投げ無失点の石川が9勝目を挙げた。

 ロッテは2回に井上、角中の2者連続ソロで2点を先制したが、その後追加点を奪えず4位に転落した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年8月7日のニュース