【北福岡】東筑3季連続の夢散る エース石田「本当にごめんなさい」

[ 2018年7月12日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念北福岡大会2回戦   東筑2―5北九州 ( 2018年7月11日 )

北九州ナイン(手前)に敗れて肩を落とす東筑
Photo By スポニチ

 3季連続甲子園出場を狙った東筑の夏は初戦で終わった。エース右腕・石田は4月の九州大会以来となる公式戦登板。北九州に研究され、浮いた直球を狙われて4回1/3を8安打5失点。「本当にごめんなさい。自分が弱くて、情けないし申し訳ない。球が浮いて打たれた」。

 打線も6回2死まで無安打と振るわず、16年夏以来の初戦敗退だ。青野浩彦監督は「何もできなかった。打てなかったし完敗」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月12日のニュース