巨人・山口俊 誕生日に7勝目「打線に助けられて感謝」

[ 2018年7月12日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人7―3ヤクルト ( 2018年7月11日    神宮 )

<ヤ・巨>試合に勝利し山口俊(右から2人目)、上原(右端)らとタッチを交わす巨人・高橋監督 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 巨人・山口俊が6回3失点と粘って試合をつくり、7勝目(6敗)を挙げた。初回に2点を失ったものの、2回以降立ち直った。

 3連続で中5日の登板だったが110球の熱投。31歳の誕生日を白星で飾り「打線に助けられて感謝です。チームが勝てたのが一番。思ったように貯金をつくれなかったが、後半戦は一つでも多く勝ちたい」。後半戦を棒に振った昨年の暴行トラブルからも丸一年となったが、今季前半戦はローテーションを支え続けた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月12日のニュース