【北神奈川】公立に隠れた逸材!海老名・落合が1失点完投

[ 2018年7月12日 05:30 ]

第100回全国高校野球選手権記念北神奈川大会1回戦   海老名2―1城山 ( 2018年7月11日    大和 )

9回5安打7奪三振で完投した海老名・落合(撮影・山中 理子)
Photo By スポニチ

 公立校に隠れた逸材がいた。最速144キロを誇る海老名・落合が、1失点完投で初戦を突破。6回の打席で右肘に死球を受け、しびれは残ったが「逆に上半身の力が抜けた」と打たせて取る投球に徹した。7奪三振も、7回以降は2奪三振。「球威が落ちても投げ抜きたかった。野手に助けられた」と無失策の守備陣に感謝した。

 1メートル77、67キロの細身右腕は長い腕をしならせて速球を繰り出す。「高校生活を楽しみたかった」という理由で、強豪校でなく海老名に進学したが「気付いたら野球ばっかり」と笑う。昨冬、ウエートトレで下半身強化したことで球速は約10キロ増し、本格派に成長。北岡克明監督は「まだまだ伸びしろはありますよ」と原石に太鼓判を押した。 (山中 理子)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月12日のニュース