青木 復帰即2安打も…上原との日本復帰後初対決は二ゴロ併殺

[ 2018年7月12日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―7巨人 ( 2018年7月11日    神宮 )

<ヤ・巨>8回1死一、三塁、上原(右)の前に二ゴロ併殺に倒れる青木(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 特例措置から復帰したヤクルト・青木が先発に復帰して2安打。2点を追う初回無死一塁に右前打を放ち、2回2死も右前打した。

 3―7の8回1死一、三塁、上原との日本復帰後初対戦は二ゴロ併殺に終わったが「負けてはいるけど良いところもある」と前を向いた。相手を上回る13安打を放ちながらも、今季ワーストを更新する8連敗を喫して最下位で前半戦を終えた。小川監督は「波があった。オールスターブレークで整えたい」と語った。

 ▼ヤクルト・大下(ドラフト2位右腕はプロ初先発し、3回途中5失点でプロ初黒星)自分の実力を受け止めて、しっかりできることをやっていきたい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月12日のニュース