マー君、ノースロー調整 投手コーチ「復帰戦としてはまずまず」

[ 2018年7月12日 08:33 ]

 両脚の故障が癒えて10日のオリオールズ戦で復帰したヤンキースの田中は、キャッチボールは行わず、グラウンドの外周を走るなどして調整した。

 約1カ月ぶりのメジャー登板は同点本塁打を許すなど4回1/3を3失点だった。ロスチャイルド投手コーチは「スプリットとスライダーが安定しなかった。復帰戦としてはまずまずだが、次は本来の投球に近づいてほしい」と分析していた。(共同)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月12日のニュース