ハム近藤 捕手復帰へ ドラ1清宮の出番増えそう?

[ 2017年11月5日 05:30 ]

捕手練習を行う日本ハム・近藤
Photo By スポニチ

 日本ハム・近藤が本格的な捕手復帰を目指す。膝痛に苦しんだ16年は捕手出場が1試合のみ。57試合の出場ながら打率・413だった今季もDHや右翼での出場だった。

 近年の下半身のコンディション不良につながっていた腰を今年6月に手術。国頭秋季キャンプのブルペンで捕球練習も行っており「今後も練習する。複数ポジションを守れるのはいいこと」と語った。近藤が捕手に定着すれば、一塁やDHで出場する可能性が高いドラフト1位指名の早実・清宮の出場機会も増えそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月5日のニュース