日大三コールドでV王手 前田幸長氏次男が初適時打

[ 2017年11月5日 05:30 ]

秋季高校野球東京大会   日大三12―2日大豊山 ( 2017年11月4日    神宮 )

3回に中前適時打を放つ日大三の前田
Photo By スポニチ

 日大三は7回コールドの圧勝で2年連続で決勝に進出した。

 88年ロッテドラフト1位の左腕・前田幸長氏の次男で、1年生の聖矢が「7番・左翼」で先発。父もスタンドで見守る中、3回には公式戦初適時打となる中前打も、直後に交代し「初回のチャンスでフライを上げてしまった」と反省した。「もっとアピールして、しっかり試合に出たい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月5日のニュース