日本通運・池田が完全救援「真っすぐに力強さあった」

[ 2017年11月5日 05:30 ]

スポニチ後援社会人野球日本選手権第3日   日本通運7―5沖縄電力 ( 2017年11月4日    京セラD )

2回途中から2番手で登板の日本通運・池田
Photo By スポニチ

 日本通運は5年目の右腕・池田が完全救援でチームを救った。2回、1点差に迫られ、なおも2死一、二塁で登板すると140キロ台前半の直球にフォークを織り交ぜ5三振を奪い6回1/3無失点。「真っすぐに力強さがあったのが一番。立場的に試合に出た時には結果を出さないといけないので」。

 昨年の準々決勝・トヨタ自動車戦でも初回2死から登板し7回1/3を1失点で勝利を呼んだ。藪宏明監督も「思った以上に投げてくれた」と称えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年11月5日のニュース