侍ジャパンU―15 4大会ぶり2度目V 功刀がサヨナラ打&MVP

[ 2017年11月5日 21:52 ]

 「第9回BFAアジア選手権」(静岡県伊豆市)の最終日が5日、行われ、侍ジャパンU―15代表が韓国代表に1―0でサヨナラ勝ち。5戦全勝で4大会ぶり2度目の優勝を飾った。

 U―15代表はこの日まで香港、フィリピン、台湾、パキスタンに4連勝。3勝1敗の韓国と優勝を懸けて戦い、7回1死から功刀(くぬぎ)史也外野手(南アルプス市立白根巨摩中3年)が中前にサヨナラ打を放った。功刀は打率・588で大会MVPにも選ばれた。

 代表チームでは日本ハムチーム統括本部付で、BCリーグ・石川でヴァイスプレジデント兼総合コーチの武田勝氏もコーチを務めている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月5日のニュース