阪神 ケース打撃を徹底 藤浪ら投手はけん制やバント処理確認

[ 2017年11月5日 05:30 ]

シート打撃に登板し、捕ゴロにダッシュする藤浪
Photo By スポニチ

 阪神は安芸秋季キャンプでケース打撃に取り組んだ。

 無死一、三塁などの場面での右打ちやバントを繰り返し、金本監督は「(状況に応じた打撃が)できないからやらせないんじゃなくて、できるようになってほしい」。ケース打撃の投手は藤浪らが務め、けん制やバント処理の動きを確認。香田投手コーチは「けん制もできるようになれば走者の盗塁企図も減り、投手としての総合力も上がる」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月5日のニュース