“伝説の盗塁王”福本氏 中日・京田らに極意伝授

[ 2017年11月5日 05:30 ]

福本臨時コーチ(背中)から走塁指導を受ける京田
Photo By スポニチ

 中日・京田が福本豊臨時コーチ(69)から指導を受け、来季の盗塁王獲得へ意欲を示した。全体メニュー終了後の個別練習で亀沢、遠藤とともに特別講義を受けた。

 ポイントはリードの姿勢を低く保つことと、体の側面でスライディングすることの2点だ。「難しく考えず、自分に合うモノは取り入れていきたい」

 今季は105三振を喫し福本コーチからは「オレの盗塁数(1972年の106個)と一緒。そのうち30回、塁に出れば、10個は盗塁が増える」とエール。今季23盗塁から10個増なら、35盗塁でタイトルを獲得した広島・田中と勝負できる。極意を学んだ期待の若手は「来年は(盗塁王を)争えるようにしたい」と目を輝かせていた。(桜井 克也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月5日のニュース