広島・大瀬良 新フォーク習得へ「空振りを取れる球として」

[ 2017年11月5日 05:30 ]

キャッチボールをする大瀬良
Photo By スポニチ

 広島・大瀬良がフォークの進化を図る。「フォークは打者を打ち取るためのボールだったけど、来年は空振りを取れる球として使いたい」。今季終盤に指を掛ける縫い目の位置を変え、以前より直球の軌道に近いフォークを投げられたという。

 今村にも助言をあおぎ「イメージを聞いたら“真っすぐを投げる感覚で落としている”と言っていた。腕の振りが直球と変わらないことを目指したい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月5日のニュース