期待すればこそ…ヤクルト寺島にゲキ「全力で走ってたら…」「抜くな!」

[ 2017年11月5日 09:14 ]

ヤクルトの寺島
Photo By スポニチ

 ヤクルトの松山秋季キャンプ3日目は、午前中にポール間ダッシュが行われた。10往復を2セット。昨年のドラフト1位・寺島は、最後のダッシュになるとラストスパートをみせた。

 豪快に走りきったが、宮本ヘッドコーチが歩み寄り「余裕あったね。全力で走ってたら、最後、あんなに走れない」と投げかけた。午後に行われた投手陣の坂道ダッシュでも、田畑投手コーチから「寺島、抜くな!」とゲキが飛んだ。履正社時代から圧倒的な能力を誇る。加えて賢い選手。球団関係者は「抜きどころを分かっているが、まだ19歳」と話す。今季は1軍未勝利。将来的にはチームを背負う期待がかかるだけに、小川監督も「一生懸命やっているとは思うけど。そういう(手を抜く)選手なんだと思われて、損してしまうよね」とさらなる発奮を促していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月5日のニュース