ソフトB王会長「もらい泣きしちゃった」 DeNAは「試合ごとに強くなった」

[ 2017年11月5日 07:23 ]

SMBC日本シリーズ2017第6戦   ソフトバンク4―3DeNA ( 2017年11月4日    ヤフオクドーム )

<ソ・D>日本一の集合写真に納まる王会長(前列中央)らソフトバンクナイン
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・王貞治球団会長は「こんなに胸が熱くなったのは久しぶり。ここまで興奮したことは今までなかった」と語った。

 選手たちが涙を浮かべて喜ぶ姿を見て「もらい泣きしちゃった」と、2年ぶりの日本一に感無量の表情だった。シリーズを通じて熱戦を繰り広げたDeNAの健闘もたたえ「ベイスターズは試合をやるごとに強くなっていった。手ごわい相手だった」と振り返った。

 ▼熊崎勝彦コミッショナー まさに球史に残る激闘だった。工藤監督をはじめ、選手や関係者のみなさまに感謝申し上げたい。DeNAファンを含め多くのご声援ありがとうございました。

 ▼ソフトバンク後藤芳光球団社長兼オーナー代行 正直、選手があそこまで涙を流すとは思っていなかったので、今年の優勝の価値が分かった。一人一人期するものがあって、達成できてあふれてきたのだと思う。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月5日のニュース