日本生命・高橋拓7K救援 来年ドラフトへ「今が大事な時」

[ 2017年11月5日 05:30 ]

スポニチ後援社会人野球日本選手権第3日   日本生命4―2JX―ENEOS ( 2017年11月4日    京セラD )

5回途中から登板し好投した日本生命・高橋拓
Photo By スポニチ

 日本生命は1年目左腕・高橋拓が1点差とされた5回2死三塁で救援登板。それまで2安打の山崎錬を空振り三振に仕留めて反撃を食い止めた。「都市対抗予選からリリーフに回っていたので、今回も厳しい場面での登板になると思っていた」。

 4回1/3で7三振を奪った。前橋育英から桐蔭横浜大を経て、昨年ドラフトではプロ志望届を提出も、3位以下なら日本生命へ進む条件付きだった。だからこそ来年は上位指名が目標。「今が大事な時。冬の間にきっちりトレーニングして実績を積みたい」と先を見据えた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2017年11月5日のニュース