マーは残留!貫いたヤンキース愛「オプトアウト」権利を行使せず

[ 2017年11月5日 05:30 ]

FAになる権利を行使せず、チームに残留することが分かったヤンキース・田中
Photo By 共同

 田中はヤンキース愛を貫いた。球団を通じ「この4年間、ヤンキースという球団、ファンのためにプレーできたことを心よりうれしく思っています。残るという決断は難しいものではありませんでした」と談話を発表。13年オフに7年総額1億5500万ドル(約171億円)で契約。残り3年6700万ドル(約76億3800万円)を放棄し、FAになる「オプトアウト」の権利を行使しなかった。

 今季は13勝12敗で防御率はメジャー4年目でワーストの4.74だったが、ポストシーズンでは3試合20イニングで防御率0.90。エースの役目を果たした田中は「素晴らしいチームメートとともにワールドシリーズ制覇を目指して頑張っていきたい」と決意を新たにした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年11月5日のニュース