栗山監督 大谷バッサリ「唯一、良かったのは勝ちが付いたこと」

[ 2017年9月21日 23:43 ]

パ・リーグ   日本ハム6―4ソフトバンク ( 2017年9月21日    札幌D )

<日・ソ>6回、汗をぬぐう大谷
Photo By スポニチ

 日本ハムは21日、札幌ドームで行われたソフトバンク戦に快勝。今季4度目の先発となった大谷翔平投手(23)は6回までに5四球を与えるなど制球に苦しみながらも5安打1失点に抑え、打線も効果的に得点して援護した。

 試合後、栗山英樹監督(56)は大谷について「よくなかった。フォームのバランスも。唯一、良かったのはあんなに悪くても勝ちが付いたこと」と評し、24歳の松本、横尾ら若手が打点を挙げた打線については「(大谷)翔平を勝たせてあげようと、集中していた」と目を細めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月21日のニュース