ヤクルト原樹 粘投も10敗目 打線が…真中監督「厳しいですね」

[ 2017年9月21日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―6中日 ( 2017年9月20日    神宮 )

<ヤ・中>8回3失点も10敗目を喫した原樹
Photo By スポニチ

 ヤクルト・原樹は自己最多9三振を奪うなど8回3失点の粘投も10敗目を喫した。「先制点を与えたり本塁打だったり。勝てる投手の投球じゃない」と反省の言葉を並べた。

 14敗の石川、12敗のブキャナンに続く3人目の2桁敗戦となった。打線も今シーズン最少タイの2安打。今季ワーストの借金45となり、真中監督も「(打線が)厳しいですね。元気がなかった」と振り返った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月21日のニュース