大谷 球数制限は110球程度 21日ソフトB戦先発へ

[ 2017年9月21日 05:30 ]

キャッチボールで調整する大谷
Photo By スポニチ

 今オフにポスティングシステムを利用しメジャー挑戦の意思を固めている日本ハム・大谷は、21日のソフトバンク戦(札幌ドーム)に先発する。

 今季4度目の先発で球数制限は110球程度となる。キャッチボール、ダッシュなどで最終調整し「自分ができることをやれば十分じゃないかと思う。やることは変わらない」と力を込めた。

 前回12日の楽天戦は5回2/3を投げ1安打無失点。直球は今季自己最速の163キロを計測するなど、コンディションは上向き。21日の登板も、メジャー15球団以上のスカウトが視察に訪れる見込みだ。21日を含め今季登板予定は2試合。大谷は「一回一回の登板、一打席一打席をしっかりやることが大事。次にやる時にそれよりもうまくなっているようにやるだけ」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月21日のニュース