中日 5年連続Bクラス確定 今季6勝バルデスら退団濃厚に

[ 2017年9月21日 05:30 ]

セ・リーグ   中日6―1ヤクルト ( 2017年9月20日    神宮 )

<ヤ・中>7勝目を挙げた大野(右)は森監督とタッチを交わす
Photo By スポニチ

 中日の大野が7回2安打1失点の好投で7勝目。1週間前の13日は完投しながら1―2で原樹に投げ負けただけに「同じ相手に2回やられる訳にはいかない。やり返さないとと思っていた」とリベンジを果たした。

 チームは2カ月ぶりの4連勝となったが巨人が勝ったためクライマックス・シリーズ進出を逃し、球団記録を更新する5年連続のBクラスが確定。森監督は「とっくに決まっていると思っていた。(悔しさなど)そこらへんが来年に生きてくれたら」と前を向いた。

 チーム低迷の要因となったのが、先発投手。2年連続開幕投手の大野は残り試合を考慮しても10勝は微妙な状況で、昨年から2桁勝利投手が不在。今季、ローテーションの一角を担い6勝を挙げたバルデスはアラウホ、ロンドンとともに退団が濃厚。上位進出には若手の台頭や新外国人の補強が急務だ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月21日のニュース