ロッテ 千隼が4勝目 チームは西武に3連勝

[ 2017年9月21日 21:05 ]

パ・リーグ   ロッテ4―3西武 ( 2017年9月21日    メットライフドーム )

<西・ロ>4回1死一、二塁、森をニゴロ併殺に抑え、グラブを叩くロッテ先発・佐々木
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト1位ルーキー・佐々木が21日の西武戦で7回1失点の快投。4勝目(7敗)を挙げ、チームの同一カード3連勝に貢献した。

 佐々木は初回に浅村に17号ソロを浴び、先制を許したが2回以降は安定した投球。散発の5安打で追加点を許さなかった。7回97球を投げて、5奪三振2与四球1失点の内容だった。9回1死一、二塁から登板した4番手の有吉がプロ初セーブ。

 打線は西武先発の菊池に6回まで抑えられたが、7回に2番手牧田から大嶺が同点の適時二塁打。8回に4番手シュリッターから田村の中犠飛、パラデスの適時打で2点を奪い、勝ち越しに成功した。9回にも5番手・平井のボークで加点した。

 一方の西武は救援陣が崩れ、最下位のロッテに痛い3連敗。勝ち越しを許したシュリッターが4敗目を喫した。球団左腕としては91年工藤以来26年ぶりの16勝目を目指して先発した菊池は6回無失点も白星とはならなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月21日のニュース