中日 荒木 現役続行へ 来季は23年目

[ 2017年9月21日 19:08 ]

中日の荒木
Photo By スポニチ

 ことし6月に通算2千安打を達成した中日の荒木雅博内野手(40)が来季も現役を続けることが21日までに分かった。来シーズンは入団23年目。

 荒木は1996年に熊本工高からドラフト1位で中日へ入団。好守と俊足の名二塁手として活躍し、2004年から6年連続でゴールデングラブ賞、04〜06年はベストナインにも選ばれ、07年には盗塁王を獲得。今季はここまで84試合に出場し、打率2割4分9厘、5盗塁だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月21日のニュース