ロッテドラ2酒居 2度目完投4勝「強打者ばかりなので…」

[ 2017年9月21日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ3―1西武 ( 2017年9月20日    メットライフドーム )

<西・ロ>完投勝利で捕手・吉田(左)とタッチを交わす酒居
Photo By スポニチ

 ロッテ・ドラフト2位右腕の酒居が2度目の完投で4勝目を挙げた。1―0の2回、山川に同点の左越え19号ソロを浴びたが、その後は最速148キロの直球を軸に4安打1失点。115球で投げ切った。

 西武とは8月11日以来の対戦では気負って腕が振れず、5回3失点で交代したが、この日は攻めの投球を展開。わずか1四球と制球もさえ「強打者ばかりなので低めに集めることを心掛けた。真っすぐがいいところに決まった」とうなずいた。

 ▼ロッテ・吉田(7回に決勝3号2ラン)2ストライクだったので食らいついていった。当たりは完璧だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年9月21日のニュース