ヤンキースタジアムで観戦中の少女にファウルボールが直撃

[ 2017年9月21日 15:17 ]

ファウルボールの直撃を受けた少女を心配そうに見つめる観客(AP)
Photo By AP

 ニューヨークのヤンキースタジアムで行われたヤンキース対ツインズ戦の5回、ヤ軍トッド・フレイジャー(31歳)の放ったファウルボールが三塁側のスタンドで観戦していた少女を直撃。時速169キロに達していた打球がまともに当たっており、試合は4分間中断された。

 少女はすぐに病院に運ばれたがヤ軍の球団関係者によれば大事にはいたっていないもよう。フレイジャーは「自分にも3歳以下の子どもが2人いるので心配だ。無事を祈っている」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月21日のニュース