巨人マギー 初回V弾 1〜3番の上位打線組み替え

[ 2017年9月21日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―0阪神 ( 2017年9月20日    甲子園 )

<神・巨>初回2死、マギーが左越えに先制の17号ソロを放つ
Photo By スポニチ

 巨人・高橋監督が7月29日DeNA戦から42戦連続で固定していた陽岱鋼、マギー、坂本勇の1〜3番の上位打線を組み替えた。

 初回2死から6月以来の3番に座ったマギーが左越えソロ。「打順は関係なく塁に出ること。強く叩くことを意識した。上がりすぎかなと思ったけど良かったよ」と振り返った。1番に入った坂本勇は8回に中前打。日本ハム時代の13年5月以来の2番に座った陽岱鋼(ヨウ・ダイカン)は無安打に終わったが、指揮官は「少し点が取れていなかったので流れを変えてみようと思った。(坂本勇は)1本出て気分が変わってくれれば」と話した。

 ▼巨人・村田(9回無死一、二塁から今季初の犠打)絶妙だった。プレッシャーはなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年9月21日のニュース