ヤクルトドラ1寺島 2軍戦でプロ初実戦「ここまで正直長かった」

[ 2017年4月30日 08:30 ]

イースタン・リーグ   ヤクルト2―5DeNA ( 2017年4月29日    相石ひらつか )

プロ初実戦登板後、報道陣に囲まれる寺島
Photo By スポニチ

 ヤクルトのドラフト1位新人・寺島がイースタン・リーグのDeNA戦でプロ初実戦に登板した。先発して予定の1イニングを投げ、打者4人に対し1安打無失点だった。

 最速は139キロで、スライダーなど全球種を投げた。キャンプは1軍で迎えたが、2月11日に左内転筋を痛め離脱。実戦は昨年10月の国体以来で「まず投げられたことが良かった。ここまで正直長かった」と寺島。今後はイニング数や球数を増やし1軍デビューを目指す。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月30日のニュース