明大・入江が神宮デビュー!甲子園で3戦連発も投手直訴

[ 2017年4月30日 17:04 ]

東京六大学野球春季リーグ戦第4週第2日   明大0―5法大 ( 2017年4月30日    神宮 )

<明大・法大>8回から登板した明大5番手・入江
Photo By スポニチ

 連敗のチームの中、期待の右腕が神宮デビューした。昨夏の甲子園で優勝した作新学院の入江大生投手が明大の5番手として登板、1イニングをわずか7球で抑えた。

 高校時代は今井(西武)の控えとして一塁を守り、甲子園では3試合連続本塁打を記録。バットでも大砲候補だが入学と同時に「投手で勝負させてください」と直訴し練習を積み重ねた。

 マウンドに送り出した善波達也監督は「マウンドさばきもいいし、戦力になってくれると思う」と期待を寄せていた。

 ▼明大・入江 神宮のマウンドは初めて。少し固かったです。緊張するかなと思ったが落ち着いて入れた。1回でも投げさせてもらえてすごく良い経験になった。投げられる所で投げきって、ピンチで動じない投手になりたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月30日のニュース