マニエルの再来?オリ・モレル“いてまえ”ユニで走者一掃二塁打

[ 2017年4月30日 05:30 ]

パ・リーグ   オリックス6―4ソフトバンク ( 2017年4月29日    京セラドーム )

<オ・ソ>3回1死満塁、モレルは走者一掃となる中堅フェンス直撃二塁打を放つ
Photo By スポニチ

 オリックスは2日連続で近鉄の復刻ユニホームを着用し、打線は前日と対照的な「いてまえ」ぶりを発揮した。初回に1点を奪い、2回には大城の中前適時打などで2点。そして3回1死満塁からモレルが中堅フェンスを直撃する走者一掃の適時二塁打と序盤で一気に勝負を決めた。

 お立ち台に上がったモレルは「何とか走者を還そうと思った」とニンマリ。79、80年と本塁打王に輝いたマニエルと同じ背番号4で活躍し、「先輩たちの功績を引き継いで着ることは素晴らしい」と喜んだ。首位・楽天に1ゲーム差と詰め寄った福良監督は「自分がやらないといけないことが分かってきた」と手応えを口にしていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月30日のニュース