巨人・小林が今季初打点 侍ジャパン“ラッキーボーイ”が開幕25試合目で

[ 2017年4月30日 19:08 ]

セ・リーグ   巨人―ヤクルト ( 2017年4月30日    神宮 )

4回1死二塁、小林だ左翼へ勝ち越しの適時打を放つ                                   
Photo By スポニチ

 巨人・小林が4回に勝ち越しの左前適時打。開幕から25試合目にして今季初打点を挙げた。

 1―1で迎えた4回。右越え二塁打で出塁した7番・中井を二塁に置いて打席に入った小林は、三遊間を破る左前適時打。4月最後の試合で今季初打点を挙げた。

 小林は3月に行われた第4回WBCで、侍ジャパントップの打率・450をマークする活躍。しかし、シーズン開幕後は打率1割台と不振に陥っていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月30日のニュース