巨人3カード連続の負け越し…高橋監督「何とかしないと」

[ 2017年4月30日 22:29 ]

セ・リーグ   巨人2―3ヤクルト ( 2017年4月30日    神宮 )

<ヤ・巨>頭を抱えながら引きあげる高橋監督                                                                                        
Photo By スポニチ

 巨人は守りの乱れも出て、3カード連続の負け越し。そのうち5敗は1点差とあり、高橋監督は「ここ数試合は失点の形がね。何とかしないといけない」と語った。

 4回に一度は勝ち越すも6回に追いつかれ、2―2で迎えた7回、無死一、二塁の好機に今季初めて2番で先発起用の橋本到がバントを決められず空振り三振。続く坂本勇も二ゴロ併殺打に倒れた。

 その裏の守りでは、1死一、三塁から坂口が二塁正面へのゴロ。併殺と思われたが前進守備ながら、坂口の高く跳ねた打球を捕った二塁・中井がバックホームをちゅうちょ。4―6―3の併殺に切り替えようとしたが、一塁走者は既に二塁の手前にいて投げられず、武内にタッチを試みるも空振り。打者走者の坂口もセーフで内野安打としてしまい「ホームに投げて勝負でも良かった。タイミングが難しかった」と悔やんでいた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月30日のニュース