西武・野上 対ロッテ戦は自身7連敗 チームは今季初4連敗

[ 2017年4月30日 05:30 ]

パ・リーグ   西武3―6ロッテ ( 2017年4月29日    メットライフドーム )

<西・ロ>初回から3失点と苦しい立ち上がりの野上
Photo By スポニチ

 西武の先発・野上が序盤につかまり、チームは1分けを挟み、今季初の4連敗。貯金は1にまで目減りした。

 初回に連打などで2死満塁とされ、福浦に先制の3点二塁打。「立ち上がりが全て」。ブルペンから納得のいくボールが投げられず「マウンドでフォームを変えたりしたけど…。修正しきれなかった」と野上。6回5安打4失点で今季3敗目、対ロッテ戦は自身7連敗となった。辻監督は「(チームとして)ここで踏ん張らないと」と奮起を促した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月30日のニュース