履正社の監督じゃない方の「岡田龍生」が快投!

[ 2017年4月30日 16:16 ]

大阪3回戦   履正社10―3高槻北※7回コールド ( 2017年4月30日    履正社茨木 )

2番手で3回1失点と好投した2年生左腕の岡田龍生投手
Photo By スポニチ

 今春の選抜で準優勝に輝いた履正社が7回コールド勝ちで4回戦進出を決めた。2番手で登板した岡田龍生(りゅうい)投手(2年)が3回1失点と好投した。

 岡田龍生(たつお)監督率いるチームに頼もしい戦力が加わった。今春の大阪大会から2年生左腕の岡田が背番号19でベンチ入り。2回戦に続き、これで5イニング連続で無安打投球を続けている。京都府宇治市出身で、滋賀県の南郷ボーイズで力をつけた。1メートル79、83キロの体格を誇る大型左腕はスプリット、スライダー2種類、カーブを操る本格派。投げる度に絶叫する気迫の投球で高槻北から三つの三振を奪った。

 「ストライク先行でリズム良く投げるよう心掛けました。気持ちが入りました」と岡田。監督じゃない方の龍生にも注目だ!

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月30日のニュース